お菓子 オーブン不要 冷たいデザート

材料を混ぜて冷やすだけ!簡単レアチーズケーキ♪

2018-07-08

チーズケーキはもともと好きで、なかでもレアチーズケーキが好きでして。

お菓子を作り始めるまでは、自分でチーズケーキが作れるなんて思ってもいなかったんですww

 

特に、私の大好きなレアチーズケーキは、基本材料を混ぜて冷やすだけ!

もう、ホント感動です♪笑

 

今回は、夏場になるとよく作る、そんなレアチーズケーキのレシピです(^^)

完全オリジナル!!…と威張りたいところですが、クリームチーズに載っているレシピ(2種類)を自分なりにアレンジしたものです。

簡単なので、ぜひ作ってみてください♪(^^)

 

 

レアチーズケーキの作り方

レアチーズケーキのレシピを調べると、たくさん出てきて、どれがいいのか悩んじゃいますよね。
私も、ネットのレシピやクリームチーズのレシピを見て、どうしたらいいのか???でした笑

そんな中で、だったら自分なりのレアチーズケーキ作っちゃえ!なノリで作ったレシピになります。

レアチーズケーキの材料

 

基本的な材料(15㎝ 丸型)

クリームチーズ 200g
砂糖 70g
生クリーム 200ml
レモン果汁 大さじ2~3(プレーンヨーグルトを入れてもOK)
粉ゼラチン 7g
ゼラチン用の水 大さじ2~3

ボトム用の材料

ビスケット 70g
バター 40g

ヨーグルトはなくても大丈夫。
レモン果汁は必ず入れましょう♪

 

私の場合は、レモン果汁とヨーグルトで大さじ2~3になるようにしています。

 

ゼラチンも、それ用の水を材料に入れていますが、使うゼラチンによってはふやかす必要のないものもあります。
私も、ふやかさずに使うゼラチンを使用していて、お湯でとかして使っています。

 

ボトムは、レアチーズケーキの下の部分。
安いビスケットで大丈夫です。

 

 

ついでに言うと、70gと書いていますが、実は量って使ったことありません笑
ビスケットの袋の容量を見て、だいたいで使っています( ̄∀ ̄*)エヘヘ

 

ちなみに、バターも40gとか書いてますが、ビスケットの固まり具合で増やしたりもしますww

難しく考えなくても、結構どうにかなるものです。

 

レアチーズケーキのレシピ

下準備
・クリームチーズを室温にもどす
(大きめのボウルに入れておくといいです)
・型の準備をする
(15㎝丸型の型に、クッキングシートを敷きます)

型のクッキングシートは、底だけでもいいのかもしれませんが、私は焼き菓子のくせか、周りにもまきます^^;

 

step
1
ビスケットを袋に入れて砕き、バターを入れて袋の中で混ぜ合わせる

細かめにビスケットを砕いた後、バターと混ぜ合わせますが、少しレンチン(600wで20秒くらい)すると混ぜやすくなります。

ビスケットがまとまる感じになればOK。

 

あろん
ちょっと粉っぽいかな?っと感じたら、バターを足して混ぜれば大丈夫!

 

step
2
1を型の底に敷き詰め、スプーンなどで平らにならして冷蔵庫に入れる

冷蔵庫に入れる時に、ボトムにぴったりラップをかけるといいです。

ラップをするときに、ちょっと凸凹していたら手で平らにすることもできます(*^^)v

 

step
3
クリームチーズをゴムベラでよく練り、なめらかになったら砂糖を加えホイッパーで混ぜる

クリームチーズが固いときは、ほんの少しだけレンチンしても大丈夫です。

が!
柔らかくなりすぎてもダメなので、様子見ながらレンチンしましょう。

 

step
4
(ヨーグルト)→生クリーム→レモン果汁の順に加え、その都度混ぜ合わせる

全部入れて混ぜたのがこちら

材料をひとつずつ入れて、その都度しっかり混ぜましょう。

 

step
5
4にゼラチンを加えて混ぜる

ゼラチンによって使い方が違うので、それに合わせて入れて混ぜます。

ふやかすタイプの場合は、水でゼラチンをふやかしてレンチン(600wで20~30秒)します。

 

step
6
2の台に5を流し入れて、冷蔵庫で冷やし固めたらレアチーズケーキのできあがり♪

レアチーズケーキの生地の固さによっては、表面をならしてあげましょう(^^)

 

 

レアチーズケーキをちょっとアレンジ

そのままでももちろん美味しいのですが…

見た目で楽しみたいときにおすすめなのがマーブル模様

 

レアチーズケーキの生地を少しとって色をつけて表面に模様をつけます(^^)

 

今回はストロベリーパウダーでピンクに!

step
1
プレーンの生地から大さじ1くらいを取り分け、色をつける

今回はドライストロベリーパウダーを使っています。
量はテキトーです。

たぶん、3~5gくらい^^;

食品用の着色剤を使ってもいいですし、抹茶パウダーも使えると思います(^^)

 

step
2
型に入れたプレーン生地の上に、適当に何ヶ所か置き、箸でぐるぐるする

好きなようにぐるぐるしていくと、マーブル模様になります。

今回はこんな感じ↓

 

あろん
ちょっとぐるぐるし過ぎた?(;・∀・)

色つけた生地も多かったかもー

 

 

ぐるぐるするの楽しいんですが、最初はやらなくてもいいですよ笑

 

レアチーズケーキが出来上がりました!!

冷蔵庫から出して、型から外した今回のレアチーズケーキがこちら♪

周りがぼこって感じなのは、やはりクッキングシートのせいなのかな??

 

使ったことはないんですが、【セルクル】を使ってもいいかもしれませんねー。


セルクル15㎝型

 

基本自分用はあまり見た目に拘りがないし、冷たいデザートはあまり贈り物にしないので気にしたことなかったです笑

 

レアチーズケーキ、いただきまーす♪

8つに切って、お皿に乗せましたー♪

この模様も、二度と同じものには出会えないので貴重ですww

 

びっくりしたのが、思ったよりストロベリー感なかったこと笑

プレーンと比べると多少違うのかもしれませんが、瞬く間にお腹に入ったので比べられませんでしたー(*´艸`*)ァハ♪

 

 

レアチーズケーキ、簡単でおすすめです♪

やっぱり、混ぜて冷やすだけって簡単でいいです。

焼いたお菓子もいいですが、夏場は特にオーブン使うのってつらいものありますしね。

 

夏場はゼリーやパンナコッタ的なものを作ることがどうしても多くなります。

これって、材料を鍋で温めてゼラチンやアガーで固めるだけ。
実はレアチーズケーキよりも簡単なんですよ笑

 

でも、『お菓子を作った!』な充実感というか、達成感がないんです(;^ω^)

そうなると、やっぱりレアチーズケーキは簡単かつ達成感も味わえちゃう、おすすめスイーツとも言えます♪

 

ぜひ、作ってみてくださいね(^^)

-お菓子, オーブン不要, 冷たいデザート

Copyright© Alone's Life , 2019 All Rights Reserved.